同人誌『Crescent Chocolat』

Crescent Chocolat top

2017年9月18日初版 → sold out
2017年10月29日第2版 → sold out
2017年11月11日第3版 → now on sale!
第三版は残りわずかとなってしまったのですが,再版はありません.よってコンテンツ部分に関してはweb公開を解禁することにしました.なお,フリーペーパーは個別ページにてカラー刷りのpdfを公開しておりますので,紙派の皆様はご査収ください.
こちらのサイトは本より組版で見づらい点が多いですが,力作ぞろいですので,ぜひお楽しみください.

目次
p.04 Crescent Chocolat フリーペーパー再録
 vol.01 時の涙
 vol.02 崩れる世界と甘い夢
 vol.03 失恋哀歌
 vol.04 ハーゲンダッツ
p.12 Crescent Chocolat EXTRA 書き下ろし新作
 EX.01 yosage super express
 EX.02 メープルシロップ・プール
 EX.03 無数通りのひとつの出会い
p.20 日記
p.22 参加者紹介
p.23 あとがき

illustration by 百四
画像をクリックすると内容が見れます.

vol.01 時の涙
個別ページはこちら
  • tanka / 九条しょーこ ねえ神様どうしてこの世は必要な人から順にしんでしまうの? 手紙にはこう書く「ぼくは元気です生まれてごめんこれがぼくですBecause I am」 秒針をくぐれたら過去。無理だから。(未来に行くしかできない言いわけ) チョコレートに溶けた時計を浸したらだれにも内緒で素数を刻む  どうしても一人になれぬこと 時の涙がそばにいるの(ありがと)
  • music / Shoco.K
  • poem / Shoco.K ひとりぼっちのわたくしですら どうしようもなくあたたかい血が流れ それでどうしようもなく生きている 泣いているのはわたくしではない わたくしを取りかこむ時が泣いている どうしようもないこのわたくしを 包むことのむなしさで それにつられて泣きだした時計の秒針が くるしそうだ ごめん P.S. 今日わたくしが生まれてくるまでに どれほどの時の涙を飲んできましたか
vol.02 崩れる世界と甘い夢
個別ページはこちら
  • tanka / 九条しょーこ 金色の星が明るい(ちがうからひとり)迎えに来てよ(いまさら) 「漸近線って知ってる?」 知ってるよ君と僕とのことなんだろう? おいしいね、って笑った声のためだけに部屋はココアの大洪水に 振り返らなければよかったごっそりと崩れた世界と甘い夢だけ 期待することもできない過去ならば知らないままでいようね、またね
  • music / 神崎
  • poem / 神崎 ガトーショコラの海 ほろ苦く染まって 追うことも諦めた 願うだけの抜け殻 リキュールの香りに 我を忘れただけ どうしようもないまま 独り占めしたくなった 砂糖菓子の心が溺れてく幻想 君の瞳がシロップの底に沈む 君のいない左側そっと撫でて どうしてもって騒いだ僕をなだめた ふわりふわり廻って世界は終わる 鐘の音がふたつ鳴ってそれでおしまい りん ごん 眠ることのない僕 覚めることのない君 交わりは途絶えても 誓った愛は同じ 砂糖細工のように甘く脆く笑う 君が壊れた僕の手の中でそっと 君へ伸ばす僕の手は空を切って たったひとつの言葉は宙に舞った 行き止まりの未来が両目を塞ぐ 見えるのはあの日のきらきらした記憶だけ 積もる後悔と少しの期待は 融点に届かないまま消えた 金色の星が降る降るこの世界 甘いクリームで塗り固めた感情おもい せめてもう少し笑顔でいられれば 背中から崩れてく世界を止められたのに
vol.03 失恋哀歌
個別ページはこちら
  • tanka / 九条しょーこ すべからく失恋哀歌はきみの住む町に豪雪として積もるべし 知りたかったことはひとつだ(傷つけていいと返したきみの心境) 「もっといい人が見つかる」多分もう少し上手な言い訳があり ねえきみの視線に気づいたその日から暗かったんだ 暗かったんだ 雪底に埋まってしまえさよならを言えないきみも愛したぼくも
  • music / 神崎
  • poem / 神崎 叶わなかった想いは冬の空へ 果たせなかった約束は遠い過去へ いつかさよならすると知っていたから 涙なんて一滴もこぼれなかった、の。 冷たい風に吹かれて朽ちていった思い出 何度も何度も繰り返しひたひた浸る ひと夏だけの淡い恋心は あの町で雪になり降り続けるのかな。 小さな小さな期待はいつしか積もりわたしをさらう あの笑顔も言葉も嘘じゃなかったはず やっぱりあなたなんてきらい。 最後の願いはその腕の中で永遠に眠ること ねぇ馬鹿なわたしを葬って。
  • vol.04 ハーゲンダッツ
    個別ページはこちら
    
  • tanka / 貴羽るき「つめたいかかと」 きみの持つ夜とあたしの持つ夜に降る雨すこし味がちがうね 行ったことない国がきみの中にあり、身体なんてなくなっちゃえよ冬 しあわせはここにあるよと水鳥は羽を切られてかわいそうだね? やわらかくアイスに突きたてておけば謝るように倒れゆく匙 星を奪いあうようなこと 鳴らされて鳴る靴なんて捨てていってよ
  • music / 真田 翔
  • poem / Shoco.K 重いヘッドフォンで耳に開けた穴を塞いで とんがった身体を抱きしめられるように削って きみの名前を呼びたいな ねえ あたしにひどいことしたいでしょ (知ってる。) ねえ あたしもひどいことしたいの (知ってる?) もう独りで手を伸ばす もう一人に手を伸ばす ねえ、アイス買ってきてよ。 ハーゲンダッツの、おっきいやつ。 バニラ味ね。 きみの名前を呼びたいな きみの名前を呼んでいいかな さほど高くもないヒールが音を立てて 嫌に頭に響くんだ さよなら
  • EX.01 yosage super express
    • tanka / 九条しょーこ 未来って便利な言葉目に見えるすべてに名前をつければいいから 期待しても期待しても裏切るねノストラダムスもマヤもあなたも 天井から降ってきたんだ手に取るとあの日に吐いたぼくのため息 レールなんて知らないぼくも走ること恐れないこと触れに往くこと さようなら、さようならって何度も言った背負う理由のなくなるすべてに
    • music / 梯やすめ(ユカシタ)
    • poem / 梯やすめ(ユカシタ) 歩く人達を眺めつつお客様になる 「俺は彼女に会いに行く、電車キミはどうなの」 椅子の埃がついさっきの風に釣られて誰彼乗り換えていった 昨日見た未来みたいな 三点リーダー拾い上げて 壁にぶつける暇潰し つまらんやつに用はないよ 次はどんな欠伸が出るかな 嗄れた木々にさよなら 胡座をかくコウノトリにさよなら まだ一人で孤独を探して 誰かからの期待なんか未来なんか知ったこっちゃないし とりあえず眠ることにするよ 仕事終わって寝言唱えて歩いてました40代が 街灯になって、なんて言って闇みたいなフリをしていた なんて悪夢で目が覚めた さっさと忘れたくなって すぐに窓を開けたのさ もっと速く走ってくれ わがままな俺を乗せて 気の毒そうな顔をして だけど電車キミは陽気に汽笛をあげた   夜が来ないビルにさよなら 明日に死ぬ先生の母校にさよなら とっくに使い古されていた 誰かからの言葉なんか絵地図なんかくしゃくしゃで放り投げた このまま見ないままでいよう ちぎった線路が降り掛かった 圏外の携帯は捨てた 後でいい 俺のことも 聞いてくれないか 誰かからの期待なんか未来なんか知ったこっちゃないし とりあえず 走っていればいいんじゃない
    EX.02 メープルシロップ・プール
  • tanka / 豊増美晴 “I love you to the moon and back.” 意識のようにかすれてく月 地の底の秘密を守りきれなくて身代わりを置き去っていく蝉 ペンダントの琥珀のなかには虫がいる君の鎖骨を独り占めして 友は海に卵三億産み落とし翻車魚まんぼうみたく太陽になる ぷるぷるの心のままでさようなら楓の駅でまた会えるよね
  • music / Shoco.K
  • poem / 淡島うる とびこんでメープルシロップ・プール ゆわゆわと沈んで あたしはやっぱり息ができない(ここでも) 琥珀に沈む世界のどこか どこかに君も生まれるかな シロップよりも 甘い甘い その歌声は聞こえるかな な な? 苦しい 苦しくない 痛い 痛くない 「細い針だから大丈夫だよ」 怖いのは一瞬 安らぎは永遠 「月まで回って帰ってこられるよ」 たしかに嘘のない世界だ やさしげなメープルシロップ・プール ぐんぐんと潜って あたしは光を溜め込んでゆく(ここなら) 化石になって待ち続けたら いつかは君も生まれるかな シロップよりも甘い 甘い その泣き声を待ってるから ら ら!
  • EX.03 無数通りのひとつの出会い
  • tanka / 九条しょーこ なんだって代わりがきくと知ってから背を押す風も猫も冷たい にわか雨 いつか見つけたあの虹に期待していて迷っている手 パラソルふりかざして歩く 僕にしかできないことをしたいよずっと 連絡帳の端っこ破いて雨水に浸した インク、壊れても綺麗 「壊れても壊れても戻せばいいよ川は雲まで流れゆくでしょ?」 プリクラでつるつるになったほっぺたにえくぼがあること以外も知りたい 商店街のアーチくぐって傘がまだ畳めぬうちに目が合うきみと 「奇跡だね雨がとっても優しくてふたり手首があたたかいから」 あ、好きだと思ったあ、の口のままアホか! とふりかぶって放つ 奇跡とか言うなよこれは無数通りの僕ときみとのひとつの出会い その笑顔嘘じゃないことわかってて嘘じゃないからもっと悲しい 「樹形図のすき間に取り残されている星がいっぱい降るよ、笑って」
  • music / Shoco.K
  • poem / Shoco.K「パラソル」 「私だけ」にほっとするひと 恐れを抱くひと 奇跡なんて言うなよ 無数通りのひとつの出会いだ “宇宙に向かって拓けた世界で僕らの出会いを 誰が奇跡じゃないなんて言えただろうか” こうしてふたりの季節は新しい星座になった きみと出会ってから空ばかり見上げているよ 樹系図の隙間に取り残されてる星が降り注いだ “ねえ、笑って” “壊れてもまたはじめよう 大丈夫最初から終わりなんてどこにもないこと 僕はわかってたよ” 宇宙に遺され壊れた世界で僕らの出会いを 誰も継いでいけない運命だとしても これからどこへ向かおうか 暖かい光のなか 川は流れゆく 雲まで 花びらまで いつか終わりが来る全ての出会いに虹が差し込んだ 通り雨 壊れても綺麗だった 世界は綺麗だった それだけで奇跡だった 行こう 樹系図の隙間に取り残されてる星が降り注いだ 虹は消えていった ねえ、笑って
  • 参加者紹介

    • 百四 @104rupee
      96年生まれ。幼馴染で神大漫研。ゼルダが好き。switch未購入。(神大短歌では柴場すだち)
    • 神崎 @Shoshu_P
      96年生まれ。九条を音見鶏に勧誘した人。制服と歌愛ユキをこよなく愛する。
    • 真田 翔 @kakerusanada
      95年生まれ。音見鶏先代会長。車の運転がめちゃくちゃうまい。
    • 貴羽るき @rukitakahane
      94年生まれ。神大短歌先代会長。びびるくらい歌(sing)がうまい。
    • 梯やすめ(ユカシタ) @hashiyasume_
      97年生まれ。音見鶏と神大短歌。福井で五月ヶ瀬を買ってきてくれる。
    • 淡島うる @ogakuzuJD
      98年生まれ。立命短歌会次代会長。髪の毛の内側の色がころころ変わる。
    • とよよん @to_yo_yo_n
      冊子『楽詩』、フリペ&ネプリ『楽紙』編集者。実家に楽詩を送ってくれる。

    Crescent Chocolat top